トップ / 歯科業界が抱える問題

歯科業界が抱える問題

歯科の患者獲得競争

医療事務

歯科業界での生き残りを図る

歯科業界は非常に患者獲得競争が激化しています。歯科医院は現在コンビニエンスストアの数を超過して、現在でも開業がどんどんと続き、地方では落下傘開業となっています。このことで、患者が医院を選ぶようになると医院間で患者獲得競争が激しくなりました。しかし、検査が主体となるデンタルクリニックが多くなると、治療に時間が掛かるようになり、治療が進まないことや、高額な検査機器を導入して開業を果たすことで、どうしても診療項目を多くし、投下資本回収に力を入れます。近年では、歯のインプラントなどを行う医院が多くなりましたが、術後のトラブルも絶えないこともあり、業界が抱える問題が落下傘開業にあると言われています。

歯医者の今後について

歯科医師の数は社会のニーズを満たすだけの人数に達しており、今後は淘汰の時代に入って行くと想定されています。その様な状況になっているため、現在の国家試験の難易度は上昇傾向にあり、国家試験の合格後の研修の義務付けなど質の高い医療の提供のための仕組みづくりが進んでいます。そのためインプラントをはじめとする高度な医療技術を身につけようとする人材も増加すると考えられており、歯科医療の業界全体に質的向上の波が押し寄せるものであると考えられています。現在都市部では飽和状態にある歯医者の淘汰を始め様々な変化が発生してくると考えられています。

↑PAGE TOP