トップ / 歯科医師が治療に専念するため

歯科医師が治療に専念するため

歯科の事務のお仕事

医療事務

歯科医療事務の仕事内容

医師が治療に専念できるように事務作業全般を引き受けるのが仕事です。具体的には、予約電話の対応、初診の患者さんへの診察券の発行、会計、カルテ出し、再診受付等です。ほかに待合室等の清掃も行います。患者さんと直接話を行う仕事内容の為、医療保険の知識や実際の治療の流れなどを把握している必要があります。また、事務職員と治療助手を兼任している場合が多く、器具の消毒や準備をしたり、患者さんを診察室内で案内したりすることもあります。ですので、歯科医院で働いた経験があると業務がやり易くなります。基本的に女性が多く就労しています。また、医療機関のうちでも歯科医院がしめる割合が多いので、求人数が多いことも利点の一つです。

歯医者における医療事務について

歯科医療における事務職とは、健康保険を使用した医療を提供するという目的を達成するために医療事務の知識が必要になる業務であると言えます。歯医者の治療の全てがその様な健康保険の適用となるものではありませんが、治療の基本部分に関しては保険診療となる比率が非常に高く、歯医者での業務をこなすためには必要不可欠な知識であると言えます。そのため歯科医療に従事して働いて行こうと考えているのであれば、健康保険の知識などを身につけて働く事が出来るように何らかの方法によって自分で勉強しておく必要があると言えるでしょう。

↑PAGE TOP