トップ / お子様にに歯列矯正を

お子様にに歯列矯正を

歯列矯正と集中力

医療事務

子どもの歯列矯正はとても大切

歯列矯正が必要な人といえば、見た目の歯並びが悪かったり、咬みあわせがよくない人などが治療するケースが多くみられます。近年の特に子どもたちの中には、歯列の幅が狭くて、鼻の中の気道が細い子が目立つようです。このことによって、鼻が詰まりやすかったり、無意識でできる呼吸がしにくい状態になり集中力を欠いてしまうことがあるようです。そこで、歯列矯正治療の際に、歯列を数ミリ広げてあげることで、気道も広くなっていき、集中力も持続することになるため、子どもの歯並びを整えてあげることは、とても大切なことといえるでしょう。

矯正するなら早めに始めよう

子供の歯が生えかわり歯並びを気にするようになったら、早めに矯正を始めるのが良いでしょう。大人になってからでは、時間もお金もかかってしまいます。子供のうちに、歯並びを治していくのがおススメです。そのまま放置していると、食べ物が良く噛めなかったり言葉が明瞭でなくなります。また、歯ブラシが行き届かなくて汚れが残ってしまい虫歯にもなりやすくなるのです。矯正をすることで、きちんと噛み合うようになるとこれからの生活が楽しくなることでしょう。歯並びのことで少しでも気になるところがあったらまずは相談しに行きましょう。

↑PAGE TOP