トップ / インプラントの治療方法

インプラントの治療方法

インプラントの治療法

医療事務

インプラントの治療方法について

インプラントとは、歯のないところに、チタン製のネジを埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる治療のことを言います。埋め込む際に、簡単な手術が必要になりますが、入れ歯よりも自然な噛み心地があり人気です。また埋め込んだ後、インプラントは骨につくまで数か月待つ期間が必要です。骨と接着したあとに、人工の歯をかぶせ、噛み合わせなど調節をします。最近、手術した日に仮の歯を入れる治療法も登場しましたが、最終的なかぶせものが入るまでには、やはり期間が必要になります。期間は骨の状態によって異なりますが、3~6カ月ほどです。

インプラントの最大の魅力

何らかの理由で歯を失ってしまい、しっかり噛むことができない人にとって、最適な治療方法はインプラントです。ほかのどの治療方法よりも、限りなく天然の歯に近い噛み心地を得ることができます。またおいしく食事できるようになることは、なにより最大の魅力となります。ほかにも見た目がきれいであることや、周りの歯を傷つけずに治療ができること、人工の歯が骨と結合するので違和感がないことなどが利点に挙げられます。インプラントの種類によって、手術が1回で済む場合と2回の場合がありますが、いずれも回復がとても早いのが特徴です。

↑PAGE TOP