トップ

歯科での負担が少ない治療

歯科の新しい治療

医療事務

歯科医で使われるレーザー治療

近年、歯科医でもレーザー光線を照射し治療するレーザー治療を行う医院が増えてきました。従来の治療とは異なり、歯を削る時の振動や削る音が無いため、不快感や痛みの少ない治療を受けることが出来ます。特に小さなお子様は、従来の音が怖くて泣いてしまい虫歯の治療が出来ないこともあしました。そのため、レーザー治療は歯科医にとってもお子様にとってもメリットのある革命的な治療法と言えるかもしれません。しかし使用するレーザーによって、治療できる範囲や部位が異なるため、設置している機器の種類、それによって受けられる治療は最初に確認した方が良いでしょう。

歯の治療はレーザー治療法で

最近の歯科医療機器に関しても医療技術に関しても進歩しています。その中にレーザー治療法が有ります。従来の歯を削ったり歯茎を切開することなく治療が出来る方法です。炎症の有る部分にレーザーの光を照射して症状を緩和して治療をする方法です。従来の様な機械の音が無く痛みも伴わないのが特徴です。口の中の病にもいろいろと有ります。虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎などなど、そしてそれらの治療にはレーザー光線の波長がそれぞれ違う物を使用します。その点は歯科医院で確認をする事が必要だと思います。これからは歯を削ったり抜いたりする治療からレーザー治療に多くがシフトしていくものと思われます。

↑PAGE TOP